top of page
検索
  • 執筆者の写真惠路

彼岸と此岸

此方(こちら)の岸に対し彼方(あちらの岸。

つまりあの世を指しているわけですが、


春分の日が

昼の長さと夜の長さが同じになって

昼を象徴する「この世」と

夜を象徴する「あの世」とが拮抗し、

通じやすいということから春分前後1週間をお彼岸としたそうです

ご先祖のお墓参りにいきましょうね


トータルアドバイザー(惠十縁)

松本惠



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page