top of page
検索
  • 執筆者の写真惠路

秋分の日

秋分の日は戦前、歴代天皇ならびに皇族の霊をまつる儀式を行う日「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」と呼ばれていました。

昭和23(1948)年に「祖先を敬い、なくなった人々をしのぶ」日として、秋分の日と改名。生活に深く根づく祝日となったそうです。

春と秋では、全く意味合いが違うんですよね。

だんだんと短くなる太陽の光を大事に過ごしましょうね


トータルアドバイザー(惠十縁)

松本惠




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page