top of page
検索
  • 執筆者の写真惠路

悟り

悟りとは『差』取り、差を取ること

人は誰かと差をつけたがる

差を付ければつけるほど悟りから遠ざかる

仏教的な考えだと、お互いを理解すること、知ること、気づくこと、知らなかったことに気がつくことが悟りです。

簡単なようで中々難しい

先ずは理解しようと意識してみよう♪


トータルアドバイザー(惠十縁)

松本惠




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page